« ルーティンチェック | トップページ | 習慣を変えるスピードを上げるには。 »

2017年4月14日 (金)

ルーティン修正の「体感」

行動を変えるためのツールとして「ルーティンチェックシート」を使うのだが、重要なのはチェック項目の内容でなく毎日意識する事と継続する事である。

「ルーティン」とは、ここでは習慣的・無意識的に日頃繰り返している行動や態度を意味する。私達が身につけている習慣は長い時間をかけて形成されて来たものであるから、簡単に変えられるものではない。単にそれに気付きましたーという程度ではダメなのだ。しかし、逆に、生まれ持ったものでなく後天的に獲得したものだから、必ず変える事はできる。

そのための方法としてまず、無意識に行われているものを意識の上に浮かばせるという事が必要である。本来はその行動や態度が発現する度に意識に上らせる事が必要だが、当初は毎日一度チェックする事によって少しずつ意識をその行動や態度に向ける「習慣」が形づくられて行く。
意識が向けられれば出来ていない事に気付き、行動や態度を修正する。それを繰り返すことでいわば条件反射的に、意識しなくても修正が働く様になるのだ。

だから先ず、どんな行動・態度でも良いからそれを修正できる事、そしてそのための方法を体感的に覚えて行く事が重要なのである。

そして、更にスピードアップさせる方法がある。

つづく

◆このシリーズの第1回は→こちら
◆フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
◆フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« ルーティンチェック | トップページ | 習慣を変えるスピードを上げるには。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/65149709

この記事へのトラックバック一覧です: ルーティン修正の「体感」:

« ルーティンチェック | トップページ | 習慣を変えるスピードを上げるには。 »