« 仕事(登記)のカテゴリーを変えるのはそう簡単ではない | トップページ | サムライ業の営業とは »

2017年4月30日 (日)

「体力」とは瞬発力と持続力だ

仕事を長く続けるためには変動の少ない仕事を増やすよりは、変動(2割や3割の売上ダウン)があっても耐えられるだけの体力を付けておく事が先決だ(前回

では「体力」とは何か?

これは文字通り人の体力同様に短期的な瞬発力と、長期的な持続力に分けられる。無酸素運動と有酸素運動、短距離走と長距離走だ。

仕事で言えば瞬発力とは営業力である。持続力とは組織力である。
まず仕事を頂けなければ話にならない。仕事を頂けても継続しなければ意味がない。仕事を頂くためには営業をしなければならないし、継続するためには組織化しておかなければならない。

尚、「組織」とは人に任せるしくみの事であり、二人以上の人間がいて、任せるしくみが出来ていればそれは組織である。

つづく

◆このカテゴリーの第1回は→こちら
◆フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
◆共に成長する仲間を求めています・・フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« 仕事(登記)のカテゴリーを変えるのはそう簡単ではない | トップページ | サムライ業の営業とは »

仕事論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/65214573

この記事へのトラックバック一覧です: 「体力」とは瞬発力と持続力だ:

« 仕事(登記)のカテゴリーを変えるのはそう簡単ではない | トップページ | サムライ業の営業とは »