« 電話応対の基準の見直し 2 最重要基準 | トップページ | 挨拶・接遇の基準の見直し »

2017年3月24日 (金)

電話応対の基準の見直し 3 「態度」

現行の電話応対基準をもう一度見てみよう。

201316_1170321_2

見直しの第一としてこれに「態度」を加える。そしてこれは初心者でも守らなければならない最低限の基準である。つまり「レベル1」に相当する。つまりこうなる。

レベル1-1
(掛けるときも受けるときも通話中も常に)笑顔で元気な(大きな)声でハキハキとメリハリを付け姿勢を正して(前かがみになったり背もたれにもたれたり足を組んだり肘をついたりしないで)電話応対ができる。

レベル1-2 言われた事を間違いなく聞き取り・・・・(略)

レベル2以下は今のところ変更しない。

つづく

このシリーズの第1回は→こちら
フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« 電話応対の基準の見直し 2 最重要基準 | トップページ | 挨拶・接遇の基準の見直し »

ウチの事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/65057908

この記事へのトラックバック一覧です: 電話応対の基準の見直し 3 「態度」:

« 電話応対の基準の見直し 2 最重要基準 | トップページ | 挨拶・接遇の基準の見直し »