« 現行ルール(要改訂) | トップページ | 電話応対の基準の見直し 2 最重要基準 »

2017年3月21日 (火)

電話応対の基準の見直し 1 欠落

ではどの様に改定が必要か。まず「基準」について考えてみよう。

電話応対の基準から。

201316_1170321_2
まず、ここには最も大切な事が抜け落ちている。

次の「B 挨拶・接遇」にも共通する事だが、全員が必ず身につけなければならない事だ。

それは、「態度」である。

この態度の善し悪しが電話応対の善し悪しを決定づけると言っても過言ではない。それがこの「基準」には全く設定していなかった。これでは基準にならない。

では「態度」とは何か。

つづく

このシリーズの第1回は→こちら
フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« 現行ルール(要改訂) | トップページ | 電話応対の基準の見直し 2 最重要基準 »

ウチの事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/65044934

この記事へのトラックバック一覧です: 電話応対の基準の見直し 1 欠落:

« 現行ルール(要改訂) | トップページ | 電話応対の基準の見直し 2 最重要基準 »