« 電話応対の基準の見直し 3 「態度」 | トップページ | 具体例の定め方の変更 »

2017年3月24日 (金)

挨拶・接遇の基準の見直し

次に挨拶・接遇の基準を見直してみよう。現行基準はこれだ。

201316_2170321_2
これも電話応対と全く同じで、「態度」が欠落している。こうなる。

レベル1-1
常に笑顔で元気な(大きな)声でハキハキとメリハリを付け姿勢を正して(前かがみになったりふんぞり返ったり足や腕を組んだりしないで)挨拶・接遇ができる。

レベル1-2 挨拶すべき時に挨拶が出来、相手に・・・・(略)

レベル2以下は今のところ変更しない。

つづく

このシリーズの第1回は→こちら
フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« 電話応対の基準の見直し 3 「態度」 | トップページ | 具体例の定め方の変更 »

ウチの事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/65057948

この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶・接遇の基準の見直し:

« 電話応対の基準の見直し 3 「態度」 | トップページ | 具体例の定め方の変更 »