« マニュアルと基本理念 | トップページ | マニュアル復活の趣旨 »

2017年3月16日 (木)

電話名宛人不在時のルール

こんなルールもある。

●(電話を受けて、名宛人不在のときに)反射的に「戻りましたら折り返しお電話するように伝えます」と言わない。

ではどうするか。

 電話を受けて、名宛人不在のときは
    1.「申し訳ございません。(名宛人)は不在にしておりまして、何時の戻り予定
      でございます。私で(他のもので)わかる事でしたら承ります」とお客様の
      ご意向を伺い、電話を受けた人が対応するか、周囲に対応可能な人がいれば
      電話を代わって対応してもらうようにする。(「ご用件は何でしょうか?」や
      「いかがいたしましょうか?」はNG)
    2.対応するのが不可能な時は名宛人から直ぐに外から折り返しさせるようにす
     る。
    3.お客様が「戻ってからでもよい」ということであれば、戻り次第の折り返し
      にする。
    ※上記1.2.3.の順に対応する。

・・・・これなども趣旨は同じだ
つづく

このシリーズの第1回は→こちら
フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« マニュアルと基本理念 | トップページ | マニュアル復活の趣旨 »

ウチの事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/65024443

この記事へのトラックバック一覧です: 電話名宛人不在時のルール:

« マニュアルと基本理念 | トップページ | マニュアル復活の趣旨 »