« 営業とは課題の解決 | トップページ | 朝礼(朝研修)廃止のその後 »

2017年2月14日 (火)

業務の革新

前回まで、私達がこれまでに行ってきた「革新」について書いてきた。前回は「営業の革新」についてだった。今回は業務の革新について。

私達の事務所では現在グループが5つある。4つの営業・業務グループとアドミニストレーション(総務)グループだ。一つのグループは数名~10名程度のメンバーから構成され、それを統括するグループリーダーがいる。

グループが5つも出来たのはとりもなおさずグループリーダーとしての人材が育ってきたからだ。元々は私が一人で(正確にはアシスタントと二人で)始めた事務所であったから、始めは私が営業も業務も自分で行っていた。そして業務が拡大するにつれて人も増やした。

中には全ての業務を自分で手掛けないと気が済まないという司法書士もいる様だが私の場合は全くそういう意識はなかった。始めは勿論やり方を私が教える(やらせてから修正するというやり方)が、やがてできる様になるとどんどん権限を委譲して行った。

権限と責任を持てば更に実力がついてくる。そうすると数名の部下を持たせて独立させグループリーダーに就けることになる(文字通り独立して行った司法書士も相当数いるが)。

私達の事務所が今急成長している要因は前回書いた「営業の革新」だけでなくこういった業務の革新、即ち頼りになるリーダーを育てて来たという点も大きい。

つづく

このシリーズの第一回は→こちら
フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« 営業とは課題の解決 | トップページ | 朝礼(朝研修)廃止のその後 »

ウチの事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/64895536

この記事へのトラックバック一覧です: 業務の革新:

« 営業とは課題の解決 | トップページ | 朝礼(朝研修)廃止のその後 »