« 「業界を革新する」とは | トップページ | ウチの事務所の「革新」・・・「新中間省略登記」と「3年で10倍の法則」 »

2017年1月31日 (火)

新しい物好き

私の目指す「革新」とは、環境や外部条件の変化に対応してそれまでのやり方を修正する事だ、と述べた(前回)。

ところで「革新好き」は恐らく私の性分だ。「新しいもの好き」でもあるのだが、環境や条件が変わっているのにそれに応じて対応方法を修正することなく旧来の方法を漫然と続けていたりするのを見ると無性に腹が立つ。

もっと腹が立つのは変化への対応以前の問題、つまり初めから合理性がないと思われるにも関わらず「皆やっているから」「前からこの方法だから」「こうやれと言われたから」といった理由だけで何の疑問も感じることなく仕事をしている人々を見た時だ。こういう仕事の仕方をする人達は意外と(意外でもない?)多いが、こんな人達だけの会社は(普通は)生き残って行けない。

話しがそれたが、もちろん「革新」とはそれまでなかった全く新しいものを生み出す事でもある。そこに至るまでには多くの困難を伴うであろうが、それを実現出来た時、その達成感は間違いなく大きいだろうし楽しいだろう。
だから、そちらの意味の「革新」を目指すというのもありかなと最近は思う。

ただ、私にできる事は無から有を生み出す錬金術の様な事でも、全く新しいビジネスモデルを生み出すような天才的な仕事でもない。そして今のトレンドにうまく乗って行くという器用さもない。ただこれまでの仕事の延長、積み上げの結果が新しいものになるというだけの事だ。

そして最終的には初めに述べた意味での革新(変化への対応)がもう一つの意味での革新(それまで見たことも聞いた事もない新しいものを生み出す)を起こすという事だってある!

つづく

フクダリーガルとは・・・ホームページはこちら
フクダリーガルの求人ページはこちら

|

« 「業界を革新する」とは | トップページ | ウチの事務所の「革新」・・・「新中間省略登記」と「3年で10倍の法則」 »

ウチの事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/64832816

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい物好き:

« 「業界を革新する」とは | トップページ | ウチの事務所の「革新」・・・「新中間省略登記」と「3年で10倍の法則」 »