« 自社セミナーで最新情報を提供 | トップページ | 住宅新報紙のトップを飾る~新・中間省略登記に高まる期待? »

2014年2月10日 (月)

書籍未掲載の応用論点につくばでは比重

茨城県宅地建物取引業協会法定研修三会場目(2月10日)はつくば市(ホテルグランド東雲)。

参加者数は4会場中最大。申込は520人あったそうで、雪の影響で参加者はかなり減ったそうだがそれでも400人ほどはいらっしゃったとか。

_140210s

新中間省略登記の経験者数も最も多かった。後から地元の不動産事業者の方から聞いた話では、「つくばでは新・中間省略登記をやらないなどと言っていたら仕事も取引先も失う」のだとか。東京都心部と変わらない感覚だ。

講義内容も自ずと「応用」に力がはいる。特に本(「新・中間省略登記が図解でわかる本」)に未掲載の論点(中間複数、重説の記載、宅建免許の点等)に重点を置くことになった(時間も90分と短いせいもあり)。

_140210s_2

http://www.fukudalegal.jp

|

« 自社セミナーで最新情報を提供 | トップページ | 住宅新報紙のトップを飾る~新・中間省略登記に高まる期待? »

中間省略登記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/59280431

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍未掲載の応用論点につくばでは比重:

« 自社セミナーで最新情報を提供 | トップページ | 住宅新報紙のトップを飾る~新・中間省略登記に高まる期待? »