« 「先生」禁止の意味 | トップページ | 先生禁止の意義③ »

2010年6月23日 (水)

「先生」禁止の意義②

待合い室で自分の名を呼ばれても返事をしない人が大嫌いなヤキソバオヤジです(笑) 

Photo_3

←ここをポチッとして頂けますと同好の士に会えます(?)。

さて、前回と前々回で「先生」禁止について書いた。

その意義は、一つには「距離間」をなくすことにあると前回述べたが、そこでいう距離感とは「意思疎通における距離感」の事であった。

二つ目は別の意味での距離感である。「劣等感」と言い換える事ができる。

元々「先生」という敬称には、相手方に自分より優れている点を認めそれに対する尊敬の念を表すという意味がある。それ自体悪いことではない。謙虚さは我が国では美徳とされている。「我以外皆我が師」と言ったのは吉川英治だが、全ての人たちから学ぼうとする姿勢自体は悪いものではない。

しかし必要以上にそれを意識しすぎるのもどうか。

優れているところは優れていると認めた上で、自分もそれに近づこうと努力する、あるいは相手よりも自分が優れている点を探そうとすることこそ大事なのではないか。

そういうものの考え方が出来ないと人は成長しないし、世界を広げることもできないと思う。

「先生」という呼称は劣等感を固定化し、自分を成長させるための障害になると思う。

「先生、先生」と言っていたのでは永遠に「先生」を追い越すどころか追いつくことすらできないだろう。

そして三つ目の意義は「縄張り意識」の打破である。これについては次回。

新・中間省略登記が図解で分かる本」はアマゾン1位を維持しています。皆さま有難うございます。

新・中間省略登記フクダリーガルコントラクツ&サービシス 代表司法書士福田龍介

 「中間省略登記通信」 

→ 「3分間登記セミナー」

「会社の設立・変更登記 その手続と書式の全て」 (日本実業出版社)が好評です(2009年7月 第4刷!、東京法務局相談窓口にも常備)

|

« 「先生」禁止の意味 | トップページ | 先生禁止の意義③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/48698139

この記事へのトラックバック一覧です: 「先生」禁止の意義②:

« 「先生」禁止の意味 | トップページ | 先生禁止の意義③ »