« 良い予備校の見分け方 | トップページ | グラスが空いていたら~「接待」のこころとは »

2006年9月18日 (月)

お祭りとフランス料理

昨日は妻の誕生日。

家族4人(夫婦と大学生の娘二人)で食事に行きました。

Photo_3←今日もクリック!よろしくお願いします。
ポチッ!で評価上昇、嬉しいです。

行き先はやはり神楽坂。

途中、赤城神社のお祭りに遭遇(というか朝から家の近所も大賑わいでした)。060917_002_1

夜の神輿はさながら「エレクトリカル・パレード」(娘のパクリですすみません)。

お店は、前から妻が気になっていたという新しいフランス料理屋さんの「ラ・マティエール」。

神楽坂の駅からだとすぐ近くです。

お祭りの喧騒が嘘のように静かな店内は、嫌味がなく落ち着いた雰囲気。

私は「おまかせ」コース税込み8400円。

前菜の「ヤリイカのブイヤベース風なんちゃら」に始まり、帆立貝のポワレなんちゃら、赤むつのなんちゃら、ウズラのなんちゃら、チーズにデザート。

ワインはシャンパーニュ、白(サンセール)、赤(シャトーメイネイ)。

そうそう「つきだし」は豚のパテのようなものと私の好物のオリーブのマリネ。

味は満足、ボリュームも満足。

サービスも、なかなかリラックスでき、060917_001 ワインの選び方、勧め方も好感の持てるものでした。

でもホール二人はちょっと忙しそうでした(「仙台四郎」が行っちゃったからね~)。

最後はシェフも総出でお見送り。

また来させていただきますよ勿論。

ウチの事務所

ウチのスタッフ

→このブログのトップ

|

« 良い予備校の見分け方 | トップページ | グラスが空いていたら~「接待」のこころとは »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

神楽坂」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございました。
ご家族でお食事楽しそう。
おいしそう!!
神楽坂って、本当に奥の深いいい街なんですね!!
わたしも、もっと、鎌倉の街を知らなくっちゃ。

投稿: キュリアス | 2006年9月18日 (月) 11時33分

キュリ様のアドバイスに従いまして、色々な情報を載せて行きたいと思います。

投稿: ヤキソバオヤジ | 2006年9月19日 (火) 08時58分

はじめまして。
昨日仕事の関係で御社に連絡を取ろうとHPを探してこのブログも発見して仕事中にも関わらずついつい読みふけってしまいこの日のブログに釘付けになりました。なぜか???
18日付けで「昨日は・・・」ってことは
奥様のお誕生日は17日だったということですよね。
な・・なんと同じなんです。(きゃぁ~)
ってそれだけのことなんですけど。なんとなくうれしかったのでコメントさせていただきました。
また寄らせていただきますね。


投稿: オカピー | 2006年9月23日 (土) 09時58分

オカピーさん、そーなんですか、それだけの事っておっしゃいますがなかなかいませんよぉ誕生日の同じ人って。
私はまだ一人も出会っていません。一日違い(1歳下)というのはいますが。
学生時代からの友人ですが、やはり波長は合うのかもしれません(1日違いでも)
今は故郷に帰ってますが、毎年夏になると地元の野菜を送ってくれます。

妻もきっと喜ぶと思うんですが、ただどう伝えればよいか。妻はこのブログを見ていませんし、誕生日をネタにしたことも話してませんので。

それにしてもよくぞワタシのブログを発見して頂きました。
又是非お立ち寄り下さい!!

投稿: ヤキソバオヤジ | 2006年9月24日 (日) 09時31分

お返事ありがとうございます。

もし古本屋によることがあったら・・・
もしお宅のお嬢様の本棚に漫画「NANA」が並んでいたら(読んだりしないですかね)
15巻のP162をどうぞごらんあれ!!
私は「生年月日」の「生」も一致してるんでびっくりしました。

投稿: オカピー | 2006年9月24日 (日) 20時03分

オカピー様
「NANA」はもちろん娘(下の方)が持ってます。実はワタシも最初娘が読ませてくれなかったので自分で買いました(後で「そんなことなら」と貸してくれましたが)。
早速15巻探してみます(今娘が手が離せないようなのであとで)。

投稿: ヤキソバオヤジ | 2006年9月24日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/11940196

この記事へのトラックバック一覧です: お祭りとフランス料理:

« 良い予備校の見分け方 | トップページ | グラスが空いていたら~「接待」のこころとは »