« 法的思考とES(従業員満足) | トップページ | CSとESと法的思考 »

2006年7月27日 (木)

法的思考を実現する「形」

今日は日本テレコム様のオフィスの写真です。

以前にさわりだけ御紹介した(ヤキソバオヤジがカルチャーショックにも近い衝撃を受けた)オフィスです。

1000坪のフロアが完全フリーアドレス、ペーパーレスになっている」

と言ってもなかなか想像できないと思いますが写真を見ればかなり実感がわくので_060726_1 はないでしょうか。尤も、現場に行って実際の業務中の様子を見ていただくのが一番だとは思いますが。

もちろんフリーアドレスやペーパーレス化自体が目的ではなく、

業務の効率化活性化創造性の刺激、そして最終的には

ES(従業員満足)と売上・収益の増大

_060726_2 という目的がある訳ですが、目的実現の方法として

「形を変える」

ことは大変有効な手段であると思います。

つまり、現状の非効率なワークシステム(当事者は全く自覚がないのが通常)を効率的かつ創造的なものに変えようと考え、分析し、改善方法を見つけ出すのは、

まさしく

「法的思考」

ですが、それを他人に理解させ、さらに実行させるのは容易なことではなく、「抵抗」を受けるのが通常だと思います。

そんな場合には、荒療治ですがこういったオフィスそのものを変えてしまうという方法が、案外効果的ではないか、と思います。

もちろん業種・職種によって、このスタイルをそのまま導入できるわけではありませんが、同社が導入1年半で相当な効果を上げており、75%の社員が肯定的な評価をしているという事です。_060726_3

※柴田さん申し訳ございません。せっかく送って頂いた写真ですが、ヤキソバオヤジがダウンロードせずに放置しておいたため、ストレージサービスのアクセスキーが期限切れになってしまったので、御社HPの写真を拝借しました。

⇒このブログのトップ

法的思考シリーズ

※会社法の事ならフクダリーガルウイキ支店

※ウチの事務所=フクダリーガルトラクツ&サービシス

|

« 法的思考とES(従業員満足) | トップページ | CSとESと法的思考 »

事業展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法的思考を実現する「形」:

« 法的思考とES(従業員満足) | トップページ | CSとESと法的思考 »