« 企業買収の際、取締役が気をつけるべきことは? | トップページ | 不動産の管理型信託会社は何をするのか? »

2006年5月26日 (金)

明治の不動産登記?

今日はとても嬉しい話から。

J-REITに派遣しているN君。

極めて優秀であるという評価を得ているとの情報がありました。

彼が指導を出来るようになったらさらに増員も、というような話も。

060524 さて、今日の写真は「地券」です。

明治時代の、今でいう不動産登記にあたるものです。

土地を売買すると、この地券が発行され、正本を地主に交付し、副本を台帳につづり込みました。

地券の交付・裏書が土地所有権移転の効力要件とされました。

明治維新から旧登記法が制定される明治19年まで使われました。

スミマセン今日もこれで失礼します。

これから北海道(またー?)へいってきまーす。

⇒「ライブドアシリーズ」の第1回目の、前回の記事

⇒「法的思考シリーズ」の第1回目の

⇒「会社法よくある質問」シリーズの第1回目の記事、前回の記事

⇒「プチ信託登記入門」シリーズの第1回目の

⇒このブログのトッ

※会社法の事ならフクダリーガルウイキ支店

※ウチの事務所=フクダリーガルコントラクツ&サービシス

|

« 企業買収の際、取締役が気をつけるべきことは? | トップページ | 不動産の管理型信託会社は何をするのか? »

不動産登記」カテゴリの記事

証券化」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。昨日は、ありがとうございました。とてもお茶目な「ヤキソバオヤジ」のお写真ですね!
これからもどうぞ宜しくお願い致します!

投稿: ivy195 | 2006年5月27日 (土) 00時15分

ivy195様
早速アクセスして頂き有難うございます。
この写真がマダムKさん撮影なんです。
ワタシもこれから時々立ち寄らせていただきますね。

投稿: ヤキソバオヤジ | 2006年5月29日 (月) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/10244316

この記事へのトラックバック一覧です: 明治の不動産登記?:

« 企業買収の際、取締役が気をつけるべきことは? | トップページ | 不動産の管理型信託会社は何をするのか? »