« 新・中間省略登記の活用実例① 危険に相応した収益を上げる(買取転売) | トップページ | 新・中間省略登記の活用実例③ グループ会社の遊休土地の活用 »

2017年4月25日 (火)

新・中間省略登記の活用実例② 中間者が瑕疵担保責任を負担する

Bが仲介でなく当事者(売主)となる事によって、Cに対して瑕疵担保等きちんとした責任のある仕事をしたい。

※ Bが瑕疵担保責任を負担する理由は様々である(宅建業者であるAが負担するのを回避するため等)。

尚、BC間が無名契約の場合は、宅建業法が適用にならないため、瑕疵担保責任の排除も可能となる場合がある。

つづく

◆このシリーズの第1回はこちら
◆新・中間省略登記小冊子のダウンロードは→こちら
◆もっと詳しく知りたい方は→「新・中間省略登記が図解でわかる本

|

« 新・中間省略登記の活用実例① 危険に相応した収益を上げる(買取転売) | トップページ | 新・中間省略登記の活用実例③ グループ会社の遊休土地の活用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/65197523

この記事へのトラックバック一覧です: 新・中間省略登記の活用実例② 中間者が瑕疵担保責任を負担する:

« 新・中間省略登記の活用実例① 危険に相応した収益を上げる(買取転売) | トップページ | 新・中間省略登記の活用実例③ グループ会社の遊休土地の活用 »