« 新しい中間省略の仕組み―今さら聞けない「新・中間省略登記」④ | トップページ | 新しい中間省略の契約書はどうなるのか―今さら聞けない「新・中間省略登記⑥」 »

2008年3月 4日 (火)

新しい中間省略はどうやるか―今さら聞けない「新・中間省略登記⑤」

前回は、新しい「中間省略」(直接移転売買)の仕組みについてお話しました。

今回は、その「仕組み」を実現するための具体的方法についてお話します。

これも全く難しい事ではありません。


Photo_5←こちらをポチッとして頂くと、このブログに対する世間(業界?)の注目度がわかります。

コロンブスの卵の様な事です。

A-B間の売買契約(第一の売買)及びB-C間の売買契約(第二の売買)の中でそのように(A→Cと所有権がBを経由せずに直接移転すると)定めるだけです。

たったそれだけの事です。

   第一の売買契約       第二の売買契約
A------→B------→C

【第一の売買契約】

「私(B)はあなた(A)から不動産を買い、それに対して代金を支払いますが、所有権は要りませんので直接あなたからCさんに所有権を移転して下さい」「はい、私(A)はあなた(B)に不動産を売りましたが、所有権はあなたでなくCさんに直接移転します」

【第二の売買契約】

「私(B)はあなた(C)に別人(A)所有の不動産を売りますが、私は所有権を取得しないで現在の所有者のAさんから直接あなた(C)に移転します」「わかりました。私(C)はあなた(B)からでなくAさんから直接所有権を移転してもらい、それに対してあなたに代金を支払います」

単純化すればこういうことです。

続く)

新・中間省略登記、不動産法務、相続のご相談、起業・会社設立のご相談は弊事務所へ。

フクダリーガルコントラクツ&サービシス(FLC&S)

ヤキソバオヤジの「3年10倍」ブログ


Photo_5←さあ、どこまで注目度UPしているかな?

|

« 新しい中間省略の仕組み―今さら聞けない「新・中間省略登記」④ | トップページ | 新しい中間省略の契約書はどうなるのか―今さら聞けない「新・中間省略登記⑥」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/40373709

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい中間省略はどうやるか―今さら聞けない「新・中間省略登記⑤」:

« 新しい中間省略の仕組み―今さら聞けない「新・中間省略登記」④ | トップページ | 新しい中間省略の契約書はどうなるのか―今さら聞けない「新・中間省略登記⑥」 »