« 中間省略登記を無用とする直接移転売買、住宅新報版 | トップページ | 誤解だらけの中間省略登記 »

2007年3月 5日 (月)

日司連の肯定的スタンス

住宅新報紙上で、今週から直接移転売買の解説の連載を開始しました。

その中にまず始めの言葉として、次のようなことを書きました。これは、一部司法書士や、司法書士会からの批判(不自然で、不当)に対する反論のつもりだったのですが、上部団体である日本司法書士会連合会の見解は私の下記論考と大差ない立場をとっているようです。

「まず始めに強調したいのは、この手法が技巧的ではあるが完全に適法なものであるということである。
確かに代金完済及び引渡し後まで売主に所有権を留保するというのは不動産売買取引における一般的な契約形態とはいえないかもしれない。
しかし、この様な合意をすることも「契約自由」というわが民法の大原則から認められる完全に適法かつ有効な契約である。
そもそも買主が売買代金を全額払ったにも関わらず所有権を売主に留保するということが一般的でないのは、所有権を留保するということが売主による二重譲渡などのリスクを伴うものだからである。
したがって、買主がそのリスクを承知の上で自ら所有権を売主に留保することを求めるのであればそれを否定する理由はなく(一般的ではないとしても)その契約もまた当然に有効なのである。
つまり、中間省略登記に求められていた経済的な価値判断に対して消極的な評価をしていないという事が今回の方法の根底にある。
また、実質的にみても今回の答申を受けて閣議決定された内容というのは、「不動産登記法改正前と実質的に同様の不動産登記の形態を実現」することに対して積極的な評価をしている(現場のニーズ、不動産流動化、土地の有効利用を促進)。」

先日(3月1日)の日本司法書士会連合会の研修では、適法性に関しても、中間省略登記に求められていた経済的な価値判断に対しても、肯定的な評価をしているようです。

また、法律構成やリスクに関する検討もかなり行われていたようです(私達も当然その検討は十分行った上で新聞紙上に発表しているわけですが)。

少し身構えていたのですが、いささか拍子抜けでした(笑)。

この記事が少しでもお役に立ったと感じていただけましたら、下のボタンをぽちっとクリックして頂けますでしょうか(ヤキソバオヤジブログのランキングが上がります!!)Photo_5
←こちらをポチッと。

不動産登記、契約のご相談、登記費用の見積りは土曜もオープンしている弊事務所へ。
自分の登記がどこまで進んでいるか、
登記追跡システムならWebで確認。ログインしてデモ用問い合わせ番号「12848467」を入力してアクセスしてみてください。

Photo_3

ご高覧有難うございます。しつこいようですが
←ついでにここをポチッとして頂けますと嬉しいです。

 

→相続のご相談も土曜オープンのウチの事務所へ!

ヤキソバオヤジの3年10倍ブログ

人気blogランキングへ

|

« 中間省略登記を無用とする直接移転売買、住宅新報版 | トップページ | 誤解だらけの中間省略登記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117497/14102593

この記事へのトラックバック一覧です: 日司連の肯定的スタンス:

» ��スⓙ,鬟茱峪笋離咼献優稿獅� [★siawase★]
はじめまして!! 『騙され続けた方々を救う会』 にアクセスいただき、誠にありがとうございます。 代表の佐藤 勝彦です。 ※この情報販売に関する特定商取引法に基づく表記は最後に御座います。 この度、 私は悪徳出品者及び悪徳情報を公開する決断をしました。 (直接的な固有名詞は出しません。伏せ字や当て字です) 騙されたくない人は私のこの説明文をよく読んで下さい。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 13時11分

» 引越し・物件契約・荷造り大全集 [引越し・物件契約・荷造り大全集]
これから引越しを控えた方に対して役立つ引越しの便利な情報鐔ノ⊂霾鵑鬚Ű呂韻靴泙后 [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 14時28分

» 引越し・物件契約・荷造り大辞典 [引越し・物件契約・荷造り大辞典]
これから引越しを控えた方に対して役立つ引越しの便利な情報鐔ノ⊂霾鵑鬚Ű呂韻靴泙后 [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 15時05分

» 肯定的な言葉についての留意点 [心に栄養を与え元気になる]
肯定的な言葉を使う習慣作りについての注意点です。なかには「否定的な言葉を言ったら罰金」なんてルールも。 一般的に、このやり方は長続きしないことが多いようです。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 17時09分

« 中間省略登記を無用とする直接移転売買、住宅新報版 | トップページ | 誤解だらけの中間省略登記 »